吹奏楽とトロンボーン元部長によるトロンボーン初心者向けのサイト。

トロンボーン魂

基本

チューニング

更新日:

 チューニングをしよう

演奏を始める前に、基本の音で音程を合わせることを「チューニング」といいます。

私が吹奏楽部に所属していた頃は「442Hz(ヘルツ)」を基準にしていました。顧問の先生や先輩に確認してから合わせてくださいね。

チューニングの音は「B(ベー)」で合わせることが多いと思います。もしかすると、学校や楽団によっては別の音でチューニングをするように言われるかもしれません。

合奏前のチューニング方法は、各団体によってちがうと思います。

ハーモニーディレクターとよばれるキーボードのような鍵盤楽器で基準音を鳴らし、それを聴いて自分も音を出し合わせていく方法。各個人でチューナーをつかって合わせる方法。オーボエ奏者が出す音に、自分も音を出し合わせていく方法、などなどです。

できることならば、基準となる音に合わせていく、という方法をおすすめします。

 

トロンボーンでチューニングをするときの注意

「ポジション」で少し説明していますが、ここでも注意事項をお伝えしておきますね。

まずは、これを見てください。

1ポジションは一番手前まで入れない

1position1

1ポジションは少し空間を空けてからチューニングをすること!!!

この状態で、チューニング管を抜き差しして音程を合わせてください。

 

トロンボーンはハーモニー楽器

トロンボーンはスライドを動かして音を出す楽器です。スライドを伸ばせば音は低くなり、縮めると高くなります。

スライドによって微妙な音程の調整ができるおかげで、トロンボーンは「ハーモニー(和音)楽器」と呼ばれているのです。

例えば1ポジションで「F」の音を「少し高め」に出したいとき、一番縮めた状態でチューニングをしてしまうと、それ以上「音程を高く」できなくなってしまいます。

 

このあたりはまだ難しいかもしれませんが、トロンボーンを演奏するからには避けては通れません。楽典も少しだけ関わってくるので、別の機会に一緒に覚えていきましょう。

今はチューニングの仕方をしっかりと覚えてくださいね。

元ぶちょー
そうそう、絶対に最後まで縮めたらダメだよ  
ぶいんくん
音程が調整できないからですね!  
元ぶちょー
素早く動かしたときに勢い良く1ポジションに戻すと、ガンっっってなって、唇に大打撃が・・・  
ぶいんくん
い・・痛そうだ・・・  

tb336

tb336

-基本
-, ,

Copyright© トロンボーン魂 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.