吹奏楽とトロンボーン元部長によるトロンボーン初心者向けのサイト。

トロンボーン魂

基本

姿勢

投稿日:

姿勢に気をつけよう

「腹式呼吸」をするとき、姿勢が悪いと息をスムーズに使うことができません。また、長時間演奏しているとバテてきてしまいます。

中学生に多い気がしますが、トロンボーンを吹いているときの姿勢が非常に悪いです。

猫背になっていたり、首が亀のように突き出していたり、頭が左にかたむいていたり。とてももったいない吹きかたです。shisei

立っている姿勢からそのまま座る

きちんと立って楽器をかまえてください。そのとき、顔や唇を楽器に合わせて動かさないようにしてくださいね。顔が左に傾いたり、首が突き出たりする原因になります。楽器を自分に合わせましょう。

この立って楽器をかまえている状態が、1番いい姿勢です。

では、そのままヒザを曲げてイスに座ってください。背中は曲がっていませんか?体がナナメになっていませんか?上体が前のめりになっていませんか?

絶対NGなこと

スライドを持つ右手で、楽器を支えてはいませんか?

今すぐやめてください。早い動きができなくなる、という理由もありますが、それよりももっと恐ろしいことが少しずつ進行しています。

なんと、スライドが曲がっていってしまうんです!!

トロンボーンにとってスライドは超重要パーツです。これが曲がってしまうと(少しのゆがみでも)スライドの動きに影響が出てきます。

もちろん、左手だけで楽器を支えることは難しいでしょう。少しは右手で支えてしまっても仕方がないと思います。しかし、楽器の重心は必ず左手に乗せてください。右手はスライドを動かすために、軽くしておいてください。

姿勢チェックリスト

楽器を顔に合わせる

顔を左にかたむけない

左肩を上げない

顔や首を前に突き出さない

前かがみにならない

猫背にならない

体をまっすぐ向ける

左手に楽器の重心を乗せる

右手はそえるだけ

 

tb336

tb336

-基本
-,

Copyright© トロンボーン魂 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.