吹奏楽とトロンボーン元部長によるトロンボーン初心者向けのサイト。

トロンボーン魂

基本

マウスピースを吹く

更新日:

マウスピースだけで吹いてみる

マウスピースとは、これです。

mapa1

あ、間違えました。こっちですね。

IMG_2827

三角形ぽい形をしていますが、トロンボーン用のマウスピースです。

まずはこれだけで音を出すんですが、うーん。とても説明が難しいんですよね。

唇の形とか、マウスピースの当て方、とかはやはり文章だけではうまく伝えられない気がします。

この辺りはやはり先輩や顧問の先生から教わったほうがいいでしょう。

今後もしかしたら写真かなにかを準備することができるかもしれませんが、今のところは文章のみでも伝えられることだけ書いていきたいと思います。

持ち方

利き腕ではない方の指で持ちます。右利きの人は左で、左利きの人は右で。

↓このように、親指と人差し指で軽く持ちます。余計な力を入れないためです。くれぐれも落とさないようにしてくださいね。もう少し下の方を持っても良かったかな、ごめんなさい。

IMG_2753

 

↓悪い例です。思いっきり力を入れてますね。このまま口に当てると、マウスピースを口に押さえつけてしまうので、やめましょう。

IMG_2754

 

アンブシュア

アンブシュアとは、楽器を吹くときの口の形やその状態のことを指す言葉です。

このアンブシュアはとても大切で、実際に楽器の音色に関わってきます。だからこそ、文章だけでうまく伝えられる自信がないため、今は詳しく書けません。ごめんなさい。

先輩や先生から直接基本を教えてもらうことが1番安全です。

脅かしたくはないんですが、アンブシュアは後になって変えることがとても難しいんです。例えば2年くらい安定したアンブシュアで演奏していた場合、少し位置をずらしただけでも音が出なくなってしまうこともあるのです。

基本を教えてもらったら、毎日の基礎練習のときに自分でいいアンブシュアを見つけていくしかありません。もちろん、絶対に変えられない訳ではありませんが、とても時間がかかると思いますので、本番前には変えないようにしましょう。

息で音を出す

アンブシュアはとてもとっても大切ですけど、そればかりに気を取られてはいけません。音は口だけで出すものではないからです。

姿勢が悪いと体に力が入ってしまいます。自分では入れているつもりがなくても、力んでしまっています。正しい姿勢を心がけましょう。

そしてしっかりブレスをして、たくさん息を吐いてたくさん息を吸いましょう。しっかり吸うことも重要ですが、しっかりと出すことも重要です。

「アンブシュアが〜」と専門用語に振り回されすぎないようにしましょうね。

tb336

tb336

-基本
-,

Copyright© トロンボーン魂 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.