吹奏楽とトロンボーン元部長によるトロンボーン初心者向けのサイト。

トロンボーン魂

基本

「音程が合っている・合っていない」の聴き分け方

投稿日:

音程が合っている、合っていないの聴き分け方

最初から分かる人もいれば、少し時間がかかる人もいます。なかなか文章ではうまく伝えられる自信がありません。

しかし、「チューニング」を書いているとやはり説明が必要かなと思いましたので、思い切って書いてみたいと思います。

ただし、音程はもちろん大切なのですが、それにばかり気を取られてもいけません。

まずはしっかりとトロンボーンで音が出せるように、毎日基礎練習を続けていきましょう。

トロンボーンで実験

※音程が合っているのかが分かる人に協力してもらい、自分は聴かせてもらうとより分かりやすいです。

 

1、基準となる人(赤色さん)に音を出してもらう。(なんでもいいです。ここではBとしましょうか)

a

2、別の人(青色さん)に、1ポジションよりも少し2ポジション側へ下げた状態で、Bを吹いてもらう。Bをかなり低めの音程で音を出すということです。

b

3、あなたが、ふたつの音をよく聴く。

「うゎん うゎん」と、音が波のようにうねっているのが分かりますか?(黄色)「うゎんうゎんうゎんうゎん」とすごい速さでうねっていますよね。

c

 

4、青色さんが、赤色さんの音にゆっくりと音程を合わせていく。(スライドを1ポジション側の音のうねりがなくなる位置まで、ゆっくりと移動させる)

「うゎん うゎん」と波が少しゆっくりになっていきます。g

5、あなたが、ふたつの音をよく聴く。

ふたりで吹いているのに、ひとつの音のように聴こえてきます。一本の線のようなイメージです。

 

f

※最初に思い切り音程を外しておいて、スライドで少しずつ合わせていく、という方法です。私が必ず後輩に聴いてもらっていた実験です。

 

耳を鍛えていこう

トロンボーンはとても単純な構造の楽器ですが、だからこそ、合わせる「耳」も鍛えておきましょう。

音程が「合っている」。美しいハーモニーが「奏でられている」。

これが聴こえる(分かる)耳を育てていくのです。

絶対音感や相対音感は関係ありません。私もそんな音感は持っていません。持っていませんでしたが、1stでソロを担当し、高校は特待生として入学し、部長まで務めました。

もちろん個人差はありますが、今からでも充分聴き分けられるようになります。

 

一番ダメなことは、今できないからといって「あきらめること」です。

 

みんな、最初は分からなかったんです。聴こえなかったんです。みんな、努力したからこそ今があるんです。あきらめないで、もう少しだけがんばってみませんか?

ぶいんくん
僕もまだ分かりません・・  
元ぶちょー
そりゃそうだよ、始めたばっかりなんだから。
元ぶちょー
最初からできたら、ただの天才なだけだ!
元ぶちょー
聴き分けられたとき、すっごく嬉しいからさ、あきらめないでがんばろう!
ぶいんくん
・・はいっ!!  

tb336

tb336

-基本
-, ,

Copyright© トロンボーン魂 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.