吹奏楽とトロンボーン元部長によるトロンボーン初心者向けのサイト。

トロンボーン魂

基本

腹式呼吸

更新日:

胸式呼吸と腹式呼吸

普段私たちがしている呼吸は「胸式(きょうしき)呼吸」といいます。意識をしていないかもしれませんが、息を吸ったときに肩や胸が動きます。胸の上のほうで吸っているようなイメージです。

「腹式呼吸」とは、息を吸ったときにお腹がふくらみ、吐いたときにへこみます。胸の下のほう(お腹くらい)で吸っているようなイメージをしてください。

楽器はこの腹式呼吸を使って演奏します。演奏中の呼吸のことを「ブレス」といいます。口から吸って口から出します。

腹式呼吸をマスターしよう

腹式呼吸とはどのようなものか、簡単に確認できます。夜寝るときにぜひやってみてください。

まずあお向けに寝てください。静かに目を閉じて、両手をお腹の上に置きましょう。体が布団の中へ沈んでいくようなイメージをしてください。ゆっくりと鼻から息を吸って、ゆっくりと口から息を吐きます。

このとき、お腹の上にのせている手が、息の動きと一緒に上下に動いているはずです。吸ったときは空気がお腹にたまりふくらむ。吐いたときは息を出しているのでへこむ。上へ下へ。手が上下していますよね。aomuke

このままの状態では楽器の音は出ませんが、この寝ているときの呼吸が誰でも無意識にやっている、基本的な腹式呼吸です。

まずはこの「吸うとお腹がふくらむ」、「吐くとお腹がへこむ」という感覚が大切です。

ぶいんくん
この絵は・・  
元ぶちょー
いやね、絵は得意なんだよね!
ぶいんくん
みなさん、ガマンしてくださいねっ(小声)  

口から息を吸う

先ほどは鼻から息を吸ってもらいましたが、楽器を演奏するときほとんどの場合では「口」から息を吸います。口から吸って口から出します。

試しに「ハッ」と吸い込むときに音を出してみてください。

iki1

吸った息がノドに当たって、息の流れが止まってしまったように感じませんか?

 

では次に、口を大きく開けて「あくび」をしているイメージで息を吸ってみてください。

iki3

入った息がノドを通り過ぎて、下のほうまで流れているように感じませんか?

後者のほうが、お腹がふくらみやすいでしょう?

まっすぐに息を吸うと胸式呼吸になりやすいんです。下に向かって吸うイメージを心がけてみてください。iki2吸い込む、飲み込む、食べる、流し込む。とにかく下へ下へ。そして、その下に大きな風船があって、息が入ってくるとふくらんでいき、息を出すとしぼんでいくイメージをしてみましょう。

吸う→ふくらむ

fusen00

吐く→しぼむ

fusen001
基礎練習やゆっくりした曲の場合は意識できますが、速いテンポで素早いブレスが必要になったときには「ハッ」とまっすぐに吸ってしまいがちです。今のうちからしっかりとブレスをするクセをつけておきましょう。

鼻から吸う場合もある

ブレスを口でしてしまうと、次の音の準備(アンブシュア)が間に合わないときには、鼻からブレスをするときもあります。

ただし、あまり大きくは吸えないので、補助的に使っていきましょう。

ぶいんくん
絵が壊滅的に下手くそだ・・
元ぶちょー
うまくかけたな♪  

tb336

tb336

-基本
-,

Copyright© トロンボーン魂 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.